« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

ADHDの本読みました

最近、きょんの多動ぶりがすごいです。

スーパーで走り回る。
ファミレスで走り回る。
空港で走り回る。

そういえば、昔から児童館のお遊戯タイムでも、
どちらかと言うと、走りこみチームに入ってたなぁ。

なんて考えだしたら、

もしかしてADHD!?と思ってしまい、

図書館で5冊も借り、
寝る間を惜しんで読み切りました。(ちょっと大げさ)

で、結論。
ちょっと違うみたいです。

以下覚え書き。
頭の中のことを書いているので間違ってたらごめんなさいsweat01

pigADHDとは
注意欠陥多動性障害のこと。
ADD(注意欠陥)とADHD(多動・衝動的)に分けられ、
どちらか一方の場合と両方の場合がある。
ADHD自体にLD(学習障害)はないが、併発することもある。
自閉症やアスペルガーを伴うこともある。

ちなみに、もともとの特性からか、男の子は多動(ADHD)が目立ち、
女の子は注意散漫(ADD)なタイプが目立つ。

ドーパミン、アドレナリンなどの神経伝達物質がアンバランスなために、
行動や感情を抑えられず、あちこちに気が散って集中力が持続しない。
病気ではなく生まれつきの障害のため治らない。
遺伝もあるため、両親や近親者がADHDであることも多い。
親や周りの接し方で二次障害がおこりやすい。
強く叱責されることで、一生強い劣等感や不安感を持ち続けたり、
いじめや人間関係が原因で、うつになることもある。

pigADHDの有名人
・トーマスエジソン
・ウォルトディズニー
・トムクルーズ
・パリスヒルトン他多数

pigADHDの主な症状、
・落ち着きがない(エンジンでつき動かされているような感じ)
・すぐお友達に攻撃する。
・お友達とのコミュニケーションが苦手。
・順番が待てない。
・赤信号なのに道に飛び出す。
・飽きっぽい。
・人の話を聞かない。
・思いつきで行動する。
・つねにそわそわもじもじしている。
・おしゃべり。
・忘れっぽい、忘れ物が多い、ものをしょっちゅうなくす。
・年齢より3割くらい精神的に幼い。
・ことばが遅い。
・不器用、よく転ぶ。
・整理整頓が苦手
・物事を順序だてて考えられない。
・複数のことを同時にできない。
などが多く当てはまり、同年齢の子に比べて著しく頻繁。

2歳児なら誰でも当てはまっちゃいそうですね。
これ見て、うちの子もADHDかも?なんて思わないでくださいね。
「2歳児は100%ADHDだ」というジョークもあるそうです。
少々のことは気にしてはいけません。

”しょっちゅう”お友達に怪我をさせてるとか、
”常に”人の話を聞いてないとか、
”常に”集中力がない。
とか項目の前に”しょっちゅう”や”常に”、を付け加えるとわかりやすいかも。
と本にありました。
走り回るのも、はしゃいで走り回るのとは、違う感じのようです。

ただ、早く気付いて対処してあげることが大切なので、
おかしいと思ったら、地域のセンターや専門家にすぐ相談してください。
親はまったく気付かず、幼稚園や小学校で指摘されることも多いそうです。

本を何冊も読むと、それぞれの具体例がたくさん書いてあったりして、
きょんは、全然違うなあというのがわかりました(今のところ)。

さっきベネッセの記事↓を読んで、更に安心しました。
http://www.shimajiro.co.jp/kosodate/clinic/body/10-1/post-471.html


本の中で、ADHDの対処法として、
怒鳴らない、ぶたない→低い声でゆっくり注意する、行動を止めさせたい時に5、4・・とカウントダウンする

なんていうのがあったけど、これ普通の2歳児にも使えますねheart01

強く叱るとパニックになって、どうして叱られたのか忘れてしまうそうです。
叩いたりするのも逆効果。
きょんも、怒鳴るより落ち着いて言い聞かせた方が効果あります。
カウントダウンもたまにやってます。

まあ、そんなこんなでADHD疑惑は薄まりましたが、
3歳健診の時にいろいろ相談してみます。
年取って落ち着くと思ってたら手がつけられなくなったりして。
飽きっぽい。キレやすい。努力しない。根性ない。みたいな子になったら大変shock

そういえば、1歳半健診の時は言葉が少ないかも?と思って、
自閉症を調べたりしました。
今、自閉症のかけらもありません。言葉もよくしゃべります。

子育てって(しかも第一子)心配がつきないものですねhappy01

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »